事業変革イノベーションコース

~トップと現場を巻き込みながら変革に邁進する中核リーダーの養成~

コース概要 講師紹介 スケジュール 参加者の声 パンフレット/お申込

コース概要

本コースでは、ハンズオン(常駐協業)型の経営コンサルティングで数多くの実績を誇る経営共創基盤(IGPI)と、50年以上にわたって企業の中核人材の養成を行ってきた(公財)日本生産性本部 経営アカデミーが協力し、戦略、管理会計、ファイナンスといったハード・スキルを実践的に鍛えるとともに、人を動かすリーダーシップや交渉力などソフトスキルを高め、変革の実現を牽引する中核リーダーを養成します。


講師紹介

プログラム・コーディネーター
コース委員長

冨山 和彦
経営共創基盤(IGPI)
代表取締役 CEO
BCG、CDI代表取締役を経て、産業再生機構COOに就任。機構解散後、IGPIを設立し現在に至る。
パナソニック社外取締役、東京電力ホールディングス社外取締役、経済同友会副代表幹事。財務省財政制度等審議会委員、財政投融資に関する基本問題検討会委員、内閣府税制調査会特別委員、内閣官房まち・ひと・しごと創生会議有識者、内閣府総合科学技術・イノベーション会議基本計画専門調査会委員、文部科学省中教審実践的な職業教育を行う新たな高等教育機関の制度化に関する特別部会委員、金融庁スチュワードシップ・コード及びコーポレートガバナンス・コードのフォローアップ会議委員、経済産業省産業構造審議会新産業構造部会委員他。
木村 尚敬
経営共創基盤(IGPI)
パートナー
取締役マネージングディレクター
ベンチャー企業経営の後、日本NCR、タワーズペリン、ADLにおいて事業戦略策定や経営管理体制の構築などの案件に従事。IGPI参画後は製造業を中心に全社経営改革(事業再編・中長期戦略・管理体制整備・財務戦略等)や事業強化(成長戦略・新規事業開発・M&A等)など、様々なステージにおける戦略策定と実行支援を推進。IGPI上海董事長兼総経理、モルテン社外取締役、サンデンホールディングス社外取締役 慶應義塾大学経済学部卒、レスター大学修士(MBA)、ランカスター大学修士(MS in Finance)、ハーバードビジネススクール(AMP)

各講義 指導講師

石野 雄一 オントラック 代表
佐々木 圭吾 東京理科大学大学院 経営学研究科 技術経営専攻 教授
児玉 尚剛 経営共創基盤 パートナー/マネージングディレクター
浜村 伸二 経営共創基盤 パートナー/マネージングディレクター
田中 加陽子 経営共創基盤 パートナー/マネージングディレクター
古澤 利成 経営共創基盤 ものづくり戦略カンパニー マネージングディレクター
中原 大輔 経営共創基盤 ディレクター

経営者 講演(過去5年間 実績・役職名当時)  

嘉悦 朗 横浜マリノス 元 代表取締役社長
木川 眞 ヤマトホールディングス 代表取締役会長
酒巻 久 キヤノン電子 代表取締役社長
新貝 康司 日本たばこ産業 元 代表取締役副社長
知識 賢治 日本交通 代表取締役社長
野路 國夫 コマツ 代表取締役会長
松井 忠三 松井オフィス 代表取締役社長/良品計画 名誉顧問

スケジュール

本コースは6月~12月にかけて毎月2~3回、月曜日をベースに開催してまいります。その他、合宿を2回予定しております。基本的には通い研修となりますが、出張先等で当日の出席が難しい場合も、Webを通して遠隔で講義を聴講することもできます。詳細は下記より各講義・演習のテーマを掲載した日程表をダウンロードください。(なお日程表は3月現在の予定となっており、講師の都合により変更となる可能性がございます。最新の日程については事務局までお問い合わせください。)

2019年度 事業変革イノベーションコース日程表(予定)

全コース共通で学べるミニMBAプログラム

経営アカデミーでは各コースの開講前に希望者を対象に、企業の中核リーダーを目指すに当たって、押さえておきたい「経営戦略」「会計」の基本に関する共通講義を開催しております。同講義を通じて、戦略的なモノの見方や会計の基本的なポイントを押さえた上で、各コースの研修に参加することができます。

7領域・合計30講義以上にわたって聴講可能な選択講義

経営アカデミーでは、参加コース以外にも、「経営戦略」「マーケティング」「組織変革・リーダーシップ」「人事革新」「生産革新・ものづくり」「会計・財務」「技術経営・MOT」の7領域・合計30講義(参加コースの講義含む)にわたって聴講可能なオープンシステムを採用しています。自己の参加コース以外でも関心のある講義を無料で聴講でき、参加者の専門分野を超えた関心・学びの意欲に応えます。

参加者の声


リーダーの意思決定のあり方や組織をつくる上でのポイント、また部下との接し方など広く学ぶことができました。


商業 部長代理
規模、範囲、密度の観点から事業の経済性を見極め、勝ちパターンの経済構造を作り上げることが重要であることを学べた。各事業の構造を見極め、新たな勝ちパターンについて検討を重ねていきたい。
運輸 部長

平時にこそ、来る経済変化や事業の弱点について見極めて、撤退、縮小の決断に備えることが必要と感じた。そのために、事業構造の基礎やエコノミクスをしっかりと整理しておくことが、極めて重要と感じた。
電気機器 部長
自身として、経営トップに対してYesマンにならず、経営が意思決定できる問題提起と意見交換ができる必要あると感じた。また、自身で変革を起こす上で、経営者との対話が非常に参考になった。
機械 執行役員 経営企画室長

パンフレット/お申込

本コースを通じて学習できる内容の詳細を記載したパンフレットを下記よりダウンロード頂くことができます。
また、本コース コーディネーターの木村 尚敬 氏(経営共創基盤パートナー/取締役マネージングディレクター)が執筆した「事業経済性」を踏まえた事業変革に関する生産性新聞連載記事の抜粋をお問い合わせ頂いた方にお送りしております。本コースのキーワードである「事業経済性」の概要を分かりやすくご理解頂ける資料となっておりますので、本コースへの対象者派遣の参考資料としてぜひご覧ください。


事業変革イノベーションコース パンフレットダウンロード・お申し込みはこちら

「事業経済性」がわかる小冊子」のお問い合わせ他はこちら

事業変革イノベーションコース